なぜ勉強するのか?子どもがやる気になる魔法の名言

「なぜ勉強するの?」子どもに響く魔法の名言を紹介します。今すぐに子どもに話したくなります。

筋トレと同じように脳を鍛えることがわかれば 勉強する意味が分かりやる気がUPする名言 

筋トレと同じように脳を鍛えることがわかれば

勉強する意味が分かりやる気がUPする名言 

そもそも

なぜ勉強するのか?

 

勉強すると

どんないいことがあるのか?

 

分かりやすく伝えられればと思います。

 

勉強することを筋トレに例えると

分かりやすいです。

 

 

頭の良さの伸びというのは、

目に見えないし、自覚もしにくいものです。


これがスポーツならば、うまくなったというのは目に見えて分かります。
しかも、練習すれば短期間で一定の効果が現れます。


中学、高校で運動系の部活動が盛り上がるのはそのためだと思います。
勝負ですから相手がいます。その相手に勝つために練習します。


練習すれば結果が目に見えやすいです。だから盛り上がるのでしょう。
ちょっぴり怖いですが「スポーツは形を変えた戦争だ」という言葉があるくらいです。


練習して強くなって相手より優位性を示したい。

そういう心が人間にはあるようです。


オリンピックやワールドカップが栄えるのも頷けます。


ところで、頭の良さを伸ばすという行為は、

相手がいるわけでも勝ち負けがあるわけでも、

結果がすぐに目に見えるわけでもありません。

 

受験は「相手と競い合う」とも言えそうですが

相手が示した合格ラインを超えればよいと考えれば

一人で行うものと言えそうです。


そう考えると

戦う相手がいない勉強は

なかなか取り組むことができないのかもしれません。


しかし、人間の体内のあらゆる器官は日々成長しています。


古くなった細胞はなくなっていきます。


「使うものはさらに強くなる。
使わないものは弱まり、必要のないものはなくなる。」

 

人体の特徴だと思います。


例えば筋肉で考えます。
毎日、トレーニングして適度な負荷をかければ、

筋肉はどこまでも強くなっていきます。


心肺機能も同じです。
毎日負荷をかければ、強くなっていきます。


ラソンランナーがそうです。
逆に誤った使い方をすると器官は悪くなっていきます。視力がそうです。


このように人間の肉体は使えば使うほどより強く、

しなやかに、柔軟になっていきます。


逆に機械は、使えば使うほど、使えなくなっていきます。


これが人間の身体のよさです。


脳も同じです。

頭の良し悪しは、脳をどれだけ使ってきたかということです。


「脳も、使えば使っただけよくなります。使わなければ悪くなります。」


これは例外なく誰の脳にも約束されたことなのです。


勉強する時も、脳を使って学びましょう。


ただ、先生の書いた板書を写すのではなく、要点を絞って写す方がよいです。

脳をより使っているからです。


板書されたことに

自分の考えを添えて写すのもよいです。


ただ、意識もせず機械的に写すよりも

頭を使うことでより効果が発揮されます。


漢字練習もそうです。
「山山山。。。」と練習するより(最初は覚えるために必要です)、

「山田さんの家の窓から富士山が見える。」
のように文章で練習ると、

知識としてでなく、技能として「山」という漢字が身に付きます。


このように頭を働かせて学習することで、望んだ結果を手にすることができるのです。

 

 

 

私は塾の講師として20年近く

 思春期ど真ん中の中学生に勉強を教えてきました。

 

彼らに「やりなさい!」「受験で失敗するぞ!」

など、煽ったりしても、心に響きませんでした。

 

思春期、反抗期のど真ん中の

児童、生徒に響く言葉を集めた本をkindle電子書籍で出版しました。

 

どれも、実際に生徒に語り掛けて

生徒が自ら前向きに行動するようになった言葉です。

 

kindleアンリミテッドなら無料でお読みいただけます。

 

よろしければお読みください。

【竹 正夢著書 絶賛発売中!】

        

難問が解けなくても、なぜ勉強のやる気が続くのか?

難問が解けなくても、逆に勉強のやる気がUPする名言

数学など、難問がなかなか解けないと

「自分に才能がないから」

「やはり昔から数学が苦手だから無理だった!」

など否定的になってしまいがちです。

すごくこの気持ちよくわかります。

 

そんな気持ちを一瞬で吹き消せたらどんなに楽になるか。

そして勉強のやる気が逆に湧いてくる!そんな話です。

 

昨日の自分と今の自分は違う!

 

川の水は常に流れています。


日本で長い信濃川
昨日、見た信濃川と今、目の前を流れる信濃川
全くの別物です。


信濃川」という名前で呼べば、確かに目の前にその川は存在しています。
けれど、実際は「その一瞬、一瞬、新しい水が目の前を流れていく」のです。


昨日の見た信濃川には枝が流れていたでしょう。
今見ている信濃川では、魚が飛び跳ねたのです。


こうして考えると、川というものは常に常に違う存在として目の前にあります。
どんなに古い歴史の信濃川も、常に新しいものとして目の前に現れます。


私たち人間も同じです。


昨日までの自分と今の自分は全く違います。
身体は、毎日毎日新陳代謝を繰り返しています。


1か月も前の肌にある細胞は、ほとんど新しい細胞と入れ替わってるそうです。
もっと遡ると、7年前も経つと、身体中の細胞は全て入れ替わると言われています。


そう、毎日毎日、新しい自分に生まれ変わっているのです。
7年前の自分は、どこにも存在しないことになります。


形ある身体が毎日毎日新しいものになっていくのです。
形のない心、考え方も日々、変わっているはずだと思うのです。


そして、形がないからこそ
もっともっと自由に変わることができると思うのです。


ついつい、昨日の自分と今の自分は同じだと思ってしまいがちです。
数秒前の自分が、今もここにいると思ってしまいがちです。


勉強していて、難しい問題に直面すると
「やっぱり自分には解けないや」と思ってしまいます。
「昔から、数学はからっきしだめだったから。」
と昔の自分を思い出して「できない自分」に納得してしまいがちです。


けれど、これも信濃川と同じです。
難しい問題に挑戦する前の自分と
挑戦した今の自分は違うのです。


難しい問題に挑戦した、ただそれだけで進化しているのです。


「この方法では解けなかった!」
と、確認しただけなのです。


数多くある解法の中で、今選んだやり方では解けないことを見つけただけです。


有名なエジソンのエピソードがあります。
「失敗だって?私はこの方法では成功しないということを発見したのだ」


挑戦の先には成功か学びしかありません。


「失敗と成功は同じグループ」だと思うと気が楽になりますよ。


「何もしない」というのが一番成功から離れてしまうのです。


「何もしないより挑戦した自分がすごい!」と考えることで
心の細胞が新しく生まれ変わります。

 

難しい問題が解けないのは、知識も経験もないのだから当たり前だ!

ぐらいの気持ちでいきましょう。

大丈夫です。必ず乗り越えられます。

目の前の試練は

ほんのちょっと頑張れば必ず乗り越えられるものしか現れないのですから。

 

いかがでしたか?

少しでも、気分が前向きになれたら嬉しいです。

お読みくださりありがとうございます。

 

私は塾の講師として20年近く

 思春期ど真ん中の中学生に勉強を教えてきました。

 

彼らに「やりなさい!」「受験で失敗するぞ!」

など、煽ったりしても、心に響きませんでした。

 

思春期、反抗期のど真ん中の

児童、生徒に響く言葉を集めた本をkindle電子書籍で出版しました。

 

どれも、実際に生徒に語り掛けて

生徒が自ら前向きに行動するようになった言葉です。

 

kindleアンリミテッドなら無料でお読みいただけます。

 

よろしければお読みください。

【竹 正夢著書 絶賛発売中!】

        

「そうか!こんな伝え方があったか!」勉強のやる気を一気にあげる名言

 

子どもの「なぜ勉強するの?」に、納得できる名言でやる気UP 

 

 

勉強とは「山道を登る」みたいなことです。

山道を登るのは辛いです。

 

登り続けると景色が変わります。

 

高く上ると遠くまで見渡せます。
高いところから低いところを見下ろすことができるのです。

 

登る前には見ることのできない景色です。

 

これは、子どもの視点が「高く」なったことを意味します。

 

高く登れば登るだけ
視点が高くなります。

 

視野が広がるのです。

 

1年生の算数が楽勝に思える
6年生のようなものです。

 

あの時は辛かったけれど
過ぎてしまえばたいしたことはない!
と思えるのです。

 

勉強して成長するということは
高い視点で物事を見ることができるようになることなのです。

 

それでも

なかなか勉強のやる気が起きないときもあります。

 

そういうときは「とにかく始める」のです。

そうしたらわかるようになります。

 

赤ちゃんが初めて立って歩くとき


「どうやったら歩けるか」
なんて考えません。

 

とりあえず歩いているうちに、歩き方が分かるのです。


スポーツも同じ。


テニスのラケットの振り方がわからないという前に、
まずラケットを握ってボールを打つ。

 

サッカーだって
テレビを見ていてうまくなれるなら
全員がサッカー選手になっているはずです。

 

勉強もまず本を開いて鉛筆をもつ。
そこからスタートなのです。

 

やっているうちに
分からない勉強も、
パズルのピースとピースがつながって全体がわかるように、


「ああ、このこれか!」ってイメージできるようになります。

やっているうちに「ああ、そうか!」


とパズルのピースがつながるように理解できる時が必ずきます。

 

いかがでしたか?

お役に立てたらこんなに嬉しいことはありません。

 

子どもが本好きになって勉強のやる気UP!5つの効果的な伝え方

子どもが本好きになって勉強のやる気UPになる話です。

 どのように伝えたら

本を読むようになるでしょうか。

 

いくつか使え方がありますので

ご紹介します。

一つ目は「本を読むと言葉の数が増えて考える武器が増える」

というものです。

 

アメリカのハーバード大学の研究で発表されたことがあります。

 

それは何かを成功させた人のほとんどは、
よい大学を出たとか関係なく、
多くの言葉を知っているという事実があるそうです。

 

たとえ最終学歴が小学校しか出ていなくても、
ハーバード大学の1年生と同じ程度の言葉を持つ人もいたそうです。

 

こうした事実から何か成功するには言葉を多く知っていることが極めて大切です。


本を読むことは大切だと何度も言われていますが、

 

本を読んだおかげで、
読む前には知らなかった言葉や内容の深さを自分のものにすることができるのです。

 

2つ目は

「本を読まないと、言葉の数が増えないので考える力がつかない」

というものです。

 

知らない言葉があると、
その言葉の持つ意味や内容を理解できません。


何も考えられません。


言葉で表現できないものは理解できないのです。


数字も言葉の中の一つです。


こんな笑い話があります。


ある泥棒が100万ルピーもある盗品を
100ルピーで売って喜ん で帰ってくるという話です。


彼はこの世の中に100以上の数字があることをしらなかったのです。


これを笑ってはいけません。


私たちには知らない言葉が多いために、
理解できないことがまだまだたくさんあります。


たくさんの言葉を知り、
言葉を自由に操って考えることが生きていく上で極めて大切です。


それには読書が一番です。


3つ目は「本を読むと言葉がたくさん手に入るので

イデアを思いつきやすい」ということです。

 

脳の専門家の話によると、
「思いつく」というのは才能の問題ではないそうです。


これまで脳に蓄積された、情報量と関係があるのだそうです。


これまでにどれくらい本を読んできたのか
これまでにどれくらい暗唱をしてきたのか
これまでにどれくらい国語辞典を引いてきたのか


こうして自分の脳にどれだけ「言葉」を入れてきたが大切なのです。


そうですよね。


やかんに水を入れればやがて溢れ出します。


貯金箱にお金を入れればいずれ溢れ出します。


でも、「入れなければ」たまりません。


ずっと「言葉」を脳に入れてきて溢れたときに「思いつく」域に達するのです。

 

4つ目は「本を読むと想像力が豊かになる」ということです。

 

言葉をたくさん知っていると、
「暗い」という言葉だけでもたくさんの言い方ができるのです。


「暗い」の中に「深い」とか
「深刻」とか「重大」とかいった意味が含まれていることがわかるのです。

そして文章の中で


「あっ、この『暗い』は『重大』を意味しているな」
と考えながら文章を読み進めていくことができるのです。

 

逆に言葉を知らないと、
「暗い」だから「暗い」のだと、
何でもあいまいに読み進めてしまいます。


「暗い過去があった。」というのを
「一日中真っ暗な部屋で過ごしていた時期があった。」と解釈すると、


笑い話になります。

「暗い」という言葉でも、文の意味を考えて、自分なりの解釈ができるようになること、


そのためには、本を読んだり、
意味を調べたりすることが大切なのですね。

 

5つ目は「本を読むと想像力が豊かになる」ということです。

 

同じ物語を「読む」のと、
「見る」のでは似ているようだけど全く違います。


ハリーポッターを例に考えます。

ハリーポッターを読んだ人は、
本に書かれている文字だけを頼りに、
一人一人、自分だけの主人公を想像して読み進めていきます。


例えば「魔法の杖」と書いてあるだけでも、
ある人は、「真っ直ぐな木の枝」を想像するかもしれない。
ある人は「折れ曲がった古い枝」を想像するかもしれない。


人によって違うのです。

1行読むだけで実に様々なことを頭で考えているのです。


でも、映像は、最初から最後まですべてが与えられているのです。


主人公もあのメガネをかけた人です。

全員が同じ主人公を見ているのです。


頭で何も考えなくても次々とすべて教えてくれるのです。


だから映像も大切だけど
「自分の頭を使って1行に込められた作者の言葉について考える」
ために読書は大切なのです。

 

以上、5つの伝え方をご紹介しました。

1つでもお役に立つ話があったら幸いです。

 

他にも、こんな伝え方があります。

 

takemasayume.hatenadiary.jp

 

 

私は塾の講師として20年近く

 思春期ど真ん中の中学生に勉強を教えてきました。

 

彼らに「やりなさい!」「受験で失敗するぞ!」

など、煽ったりしても、心に響きませんでした。

 

思春期、反抗期のど真ん中の

児童、生徒に響く言葉を集めた本をkindle電子書籍で出版しました。

 

どれも、実際に生徒に語り掛けて

生徒が自ら前向きに行動するようになった言葉です。

 

kindleアンリミテッドなら無料でお読みいただけます。

 

よろしければお読みください。

【竹 正夢著書 絶賛発売中!】

        

「こんな伝え方があったか!!」子どもを本好きにして勉強のやる気をUPする名言

子どもを本好きにするには

どのような語りかけが効果的なのでしょうか?

 

子どもが進んで本を読むには

「そもそもなぜ本を読むといいのか?」

「本を読むとどんないいことがあるのか?」

伝えてあげるとよさそうです。

 

そこで

次のように伝えてみてはいかがでしょうか?

 

まずは「言葉の数が増えていろいろ考えられるよ!」という話です。

 

言葉の数を増やすために読書する

 

「覚える」ことと「考える」ことは、
別のものではなく、分けて考えることはできないのです。


言葉を知らなかったら「考える」ことはできません。

人は一生、何かを考えて生きていくのですから、
たくさんの言葉を覚えなければなりません。


文章を読むとは、


これまで「覚えてきた」言葉を使って

何が書いてあるかを考え、理解することなのです。


知っている言葉の数が多いほど、くっきりと理解できるのですが、
知っている言葉の数が少ないと、あやふやに理解してしまいます。


例えば「りんごはおいしい」ということを
「りんごのかじったときのしゃきしゃきいう音がおいしい。」
「りんごから出るじゅわっとした果汁がおいしい。」


など、言葉が豊富だと、感じたことや気持ちを、
より自分の言葉で表せるようになるのですね。


そのための勉強なのです。


小学生で漢字検定1級に合格した子がいます。


こう聞くと「頭がいいからだ」とすぐに思うかもしれません。

その子の家では親子で冷蔵庫の中にある野菜や肉、
魚などの名前を辞書や漢和辞典で調べてラベルに漢字で書いて貼っていたそうです。


辞書を引くことは難しいことでしょうか。
難しくありません。

問題なのは毎日続けることが出来るかどうかなのです。


こうした地道な努力は必ず努力の貯金箱からあふれ出すのです。

 

 

もう一つ、

次のような話もあります。

 

人は言葉を使って考えます。

 

今、あなたが考えていることは
あなたが持っている言葉を使って考えています。

 

もし、持っている言葉の数がゼロならば、
人は考えることができません。

 

感じることはできても
考えることはできないのです。

 

生まれたての赤ちゃんに
考える行動ができないのは、

脳が発達していないからではありません。

 

単純に「言葉」という道具を持っていない
からなのです。

 

成長する中で
言葉を獲得していき、
やっと言葉を使って考えることができるようになるのです。

 

日本語では簡単に言えることが
英語ではスラスラ言えない、

 

これも
赤ちゃんと同じで
英語という言葉を知らないからです。

 

それと同じで
たとえ日本語であっても
言葉を知らないことが、表現力のなさを表すのです。

 

だから言葉を増やしていくのです。

 

いかがでしたか?

子どもが本好きになるヒントになれば嬉しいです。

 

私は塾の講師として20年近く

 思春期ど真ん中の中学生に勉強を教えてきました。

 

彼らに「やりなさい!」「受験で失敗するぞ!」

など、煽ったりしても、心に響きませんでした。

 

思春期、反抗期のど真ん中の

児童、生徒に響く言葉を集めた本をkindle電子書籍で出版しました。

 

どれも、実際に生徒に語り掛けて

生徒が自ら前向きに行動するようになった言葉です。

 

kindleアンリミテッドなら無料でお読みいただけます。

 

よろしければお読みください。

【竹 正夢著書 絶賛発売中!】

        

勉強すると、こんなにいいことある!「なぜ勉強するのか?」やる気になる名言

勉強が将来、何の役に立つのか?

 

と、聞かれたら
「役に立たない」かもしれません。

 

高校の微分積分
理科の微生物の知識
社会科の「1192作ろう鎌倉幕府

などなど、

 

日常生活で役に立つことは
ないかもしれません。

 

実は、子どもの言う
「学校の勉強は大人になっても役に立たないのでは?」
というギモンは、

 

「知識記憶」のことを言っています。

 

微分積分
微生物の知識も
歴史の年号の暗記も

 

「知識」として脳に「記憶」されたものです。

 

学校で学ぶのは
このような知識記憶だけではありません。

 

どれだけ多くの問題を解いてきたか
どれだけ悩んできたか
という「方法記憶」も学んでいるのです。

 

例えば、逆上がりの仕方を覚えるとします。
1回でできることはありません。

 

何度も繰り返し練習することで
「繰り返す努力」を学んでいます。

 

鉄棒にしがみついて
様々なやり方で練習すします。

 

その中で
判断力 理解力 応用力
を高めることができます。

 

練習する中で
めげない根気も学びます。

 

これが「方法記憶」です。

 

この方法記憶こそ、今後の人生で起こる
様々な場面で助けとなるのです。

 

そして、何度も繰り返して
努力すれば、ある程度まで上達できることは
誰の脳にも約束されているのです。

 

子どもが
「学校の勉強は役に立たないのでは」
と聞いてきたら
このような話をするのもよいでしょう。

 

 

私は塾の講師として20年近く

 思春期ど真ん中の中学生に勉強を教えてきました。

 

彼らに「やりなさい!」「受験で失敗するぞ!」

など、煽ったりしても、心に響きませんでした。

 

思春期、反抗期のど真ん中の

児童、生徒に響く言葉を集めた本をkindle電子書籍で出版しました。

 

どれも、実際に生徒に語り掛けて

生徒が自ら前向きに行動するようになった言葉です。

 

kindleアンリミテッドなら無料でお読みいただけます。

 

よろしければお読みください。

【竹 正夢著書 絶賛発売中!】

        

「なぜ、子どもは勉強するのか」やる気が出る名言

メジャーリーガーのイチローこと鈴木一朗は言います。

 

「そりゃあ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いです。
誰だってそうじゃないですか。
辛いし、大抵は辛いことの繰り返しだし。」

 

あのイチローが練習や勉強に対して
このような考え方をしているのです。

 

しかし、話はまだ続きます。

 

「でも、僕は子どもの頃から目標を持って
努力するのが好きなのです。

だって努力が結果として出るのは嬉しいじゃないですか。」

 

この話でイチローが大切にしていること、
それは、

「ワクワク感」です。

 

嫌いなこと、辛いこと、面倒なことの先に
何があるのかイチローはわかっているのです。

 

それは「努力した結果」です。

 

この「結果」を頭の中で絵に描けるように
イメージできるから「嬉しい」と言い切ることができるのです。

 

これこそ「ワクワク感」です。

辛い練習の先にある結果のために
ワクワクできる。

 

人は、どんな分野でも嫌なことを克服するまで
楽しんでやると、必ず「進化」します。

 

進化。

 

それは、イモムシがサナギになり、やがて蝶になるように
ある日、突然、大きく化けることです。

 

そのためには、辛い「進歩」を続けなければ
なりません。

 

進歩。

 

それは、いもむしの状態のまま、
がんばり続けることです。


いもむしは、歩いて歩いてやっと花畑にたどり着きます。

 

その辛く長い道のりの先に
蝶のように一瞬で花畑にたどり着く「羽」を
手にすることができるのです。

 

子どもに「なぜ学ぶのか」伝えるときに
この辛い勉強の先に、どんな「嬉しい結果」が待っているのか
絵に描けるように伝えると子どもは納得して動くようになります。

 

「わくわく」という感情は、何よりも強い
原動力となります。

 

学ぶことで、結果を出した瞬間に
これまでの過去の辛い努力が一瞬でよい思い出に変わります。

 

過去の辛かった経験が全て
この結果のためのヒントだったのだと思えるようになるのです。

 

私は塾の講師として20年近く

 思春期ど真ん中の中学生に勉強を教えてきました。

 

彼らに「やりなさい!」「受験で失敗するぞ!」

など、煽ったりしても、心に響きませんでした。

 

思春期、反抗期のど真ん中の

児童、生徒に響く言葉を集めた本をkindle電子書籍で出版しました。

 

どれも、実際に生徒に語り掛けて

生徒が自ら前向きに行動するようになった言葉です。

 

kindleアンリミテッドなら無料でお読みいただけます。

 

よろしければお読みください。

【竹 正夢著書 絶賛発売中!】